臭いを使った対策も可能なスズメバチ駆除のススメ〜蜂の嫌う臭いで退治しよう〜

ハチの巣

スズメバチ駆除は蜂の活動時期と特性を知れば賢く行なえる

スズメバチの活動が活発になる時期を把握しておこう

蜂はどういう生き物なの?

蜂の中でも人間を刺す蜂は、攻撃性の高いものから順にスズメバチ、アシナガバチ最後にミツバチの三種類です。スズメバチは種類も豊富で国内のさまざまな地域に16種類のスズメバチが生息しています。また蜂は活発に動き回る活動時期も決まっています。その時期に被害が集中しますが10月末から冬になると働き蜂は死んでしまうため、蜂の被害はほとんど被害がなくなります。

夏から秋にかけては要注意!

夏はスズメバチの活動が活発になるので蜂被害がとても増える時期です。ハイキングやキャンプなどのアウトドアの季節でもあるので遊んでいる間も十分注意が必要になります。また最近は人間が住んでいる場所に適応して巣を作るスズメバチも増えています。スズメバチなどは毒を持った蜂なので、刺されると強い痛みがあり人によっては刺された箇所を中心に腫れ上がります、またアレルギーがある人だと呼吸困難を引き起こす原因にもなります。

スズメバチ駆除だけじゃない!安全に共存する方法もある

スズメバチは危険な蜂とよく言われていますが、スズメバチの巣は必ずしも駆除しなければならないというわけではありません。薬剤の臭いが気になる時や自分で退治するのが難しい時は、無理にスズメバチ駆除するのではなく放置するという選択肢もあります。

巣の場所によっては駆除せず放置

蜂の大群

スズメバチはとても頭がよく、巣を作った場所の家の人を認識できるようです。家の人の臭いや足音などの特徴をとらえ、蜂を攻撃してこないことが分かれば攻撃してこないのです。ですから、出来るだけ蜂の巣に近づかないように心がければ生活に影響はありません。業者によっても、安全な場所に巣があり子どもや近隣住民に迷惑にならないと判断した場合は放置を提案する事があります。また蜂は、嬢王蜂以外は寒さに弱く年を越せないので、放置し年末の大掃除の時に巣が空っぽなのを確認して取り外してもよいでしょう。

TOPボタン